ならぬことはならぬものです(ツアー④)

さあ、やってきました、ちと小高いところにある
会津の藩校「日新館」

c0037384_16275419.jpg


故:司馬遼太郎に言わせると
江戸時代、ここまでの教育水準を持っていたのは、
恐らく、明倫館か会津のこの日新館だろうとの記述があります。

当時、各藩には藩校がありました。
その数5000とも言われております。

そのなかで
有名なのは、常陸の国の、言わずと知れた「弘道館」
長州が「明倫館」、薩摩が「造士館」でしょうか。

うちの実家(岩手)には、「作人館」という藩校がありました。

西側は遠いだけあって私はいけてないのですが、
その存在はもちろん知っております。

その、長州の、吉田松陰や、佐久間象山ですら、
見学に来たということをおっさんから聞いてびっくり。

すんげーなと。
更に言えば、当時、水練場があったのは
「明倫館」と「日新館」の2つだけだったそうです。

会津藩家老、田中玄宰(はるなか)
は天明の大飢饉による、藩の衰弱振りをみてたちあがったったということだそうです

なんだっけな、わしもよく覚えてるなしかしw・・・

教育は100年の計にして
会津の興隆は、人材育成にありだかなんだが・・・

覚えてないな・・・ぶっw

とにもかくにも
とりあえず、中へ突入。

目の前にあるのが南門。

c0037384_16304314.jpg


偉い人や上流階級の人しか通れなかったそうです。

生徒は、脇にある、
西門、東門から入っていたのだそうです。

生徒数は、実に1000名。
いかにデカイ学校であったかが分ります。

中に入ると
こういうのがみられます

什の掟といわれるものです

   一、年長者の言うことにそむいてはなりませぬ

   一、年長者にはおじぎをせねばなりませぬ

   一、うそをついてはなりませぬ

   一、ひきょうなふるまいをしてはなりませぬ

   一、弱いものをいじめてはなりませぬ

   一、戸外でものを食べてはなりませぬ

そしてその最後に


      ならぬことはならぬものです

と書いてあるのです。

こういうことを小さい時にガキにおしえねーから
いまの世の中の若造は
バカばかりなんだよなと。

6歳から入学した生徒は
素読所(そどくじょ)というところからまなび、
勉強します

当時のお昼は
米と味噌の固まりだったそうです。

おかずに豪華なものをもってくることは恥じとされていたそうです。
もちろん、ここに入学するためにテストもあります

武士の心得として最低限の作法ができないんじゃ、だめだと
門前払いされたんだそうです。

それをみていて

ううん。。。
昔の人はりっぱじゃな。。。
FFとかやってるワシって、小さいなあ・・・
とかおもったり・・・

まあ、社会人だだから大丈夫だなw
とひとり納得。

とある精神科の先生がテレビでこんなこといっておりました。
(ぼけーっとテレビながしてただけだったんで、なまえとか覚えてないけど)

1980年以降の生まれの人は

幕末当時の、維新を考えていた若者と比べると
あまりにも精神年齢が低すぎる。

彼等が20歳のときと
その年代の精神年齢を比べると10歳は違うと。。。

なんか妙に納得してしまったのは私だけでしょうか?

すぐにキレる
辛抱がない
今がよけりゃあーどでもいい
ウソは平気でつく
親のすねをかじりまくり

みたいな・・・

(そろそろ働けwww)

志は違えど、
あの時代に生きた彼らは、花の慶次風に言うと漢とかいて「おとこ」
まっこと男でした。

そんな、男達が
200年前にここにいたんだなあと考え深いものがここにありました。

そんなこんなで
最後は、心あらわれ、
ビシっとしまった観光でした。

会津いいとこ一度はおいで。
いや、FFやってる暇あって
すこしでも金ができたら旅行したほうがいいね。
マジで。
次回は西へいきたいのおお
FFばっかりだとバカになるわと、反省しつつも、

私も、更に、侍としてメリポがんばらんとな
とおもったのでした。

え?っなにやっぱ最後はそれなわけ??????????W

このクズ、ボケ、アホ!

す、すみませんでしたーーーー!!












 
[PR]

by Takaoheart | 2006-12-13 16:44 | 時勢

ならぬことはならぬものです(ツアー③)

眼前にたたずむ、鶴ヶ城!
はたして、いかに!!

・・・
・・・

さて、鶴ヶ城に入る前に、
ちょっとおさらい。

元々この鶴ヶ城は

会津の領主となった蒲生氏郷が初めて、
7層の天守閣を設けたんだそうです。

その後、加藤明成は天守閣を5層に改め、
保科正之が会津23万石の藩主となりました。
保科はのちに松平姓を名乗り、
若松城は松平の居城なったということだそうです。

結構伊達藩が1年くらい所有してたりと
激動のお城だったようです。

戊辰戦争では籠城し、
薩摩・長州・土佐藩など全国の兵を相手砲撃は激しく
これにて開城したとのこと。

明治に入ってから、
官軍ではではないため、陸軍省に破壊されますが
昭和に入ってから復元されて今の形になったのだそうです。

会津に始まったことではなくて、
賊軍の汚名をもらった、城はことごとく破壊されたわけですよね。

さて、中へ入るといきなり
物産コーナー・・・

うそーん!!
なんでこんな商売根性だしてんの?w
むかしとちがうぞ・・・
ウオイ!オイ!

まあ、いいか、とおもい、足を進める。

目の前に現れたのは、
重要文化財に指定されている、刀がおいてありんした。

銘を見てみると吉房とあります。
製造元は備前とあります。
(ふるいもののようで拵えはありませんでした。)
備前といえば、備前長船で有名ですが
ちと正直ピンとこなかったので^^;

ほー、これはさぞ有名な刀なのだろうと
しらベて見ました。

吉房:

吉房は、鎌倉時代中期、
備前国福岡一文字派の巨匠で華やかな丁字乱を焼いて有名である。
地刃に同派の作風をよく表している

で、調べてみるとこれ、すごいものが続々と出てきて・・・

うし!こいつああ大そうな刀なんだなと判明
(そらそうだろ!指定されてる文化財だしw)

ということで、
奥へ(上へ)どんどん進みます。
昔来たとときよりもなんか、だいぶキレイな感じになっていて
新鮮でした。


会津といえば白虎隊で有名ですが、
実はこれ、ちゃんと4神の名前の部隊がちゃんとあったわけです。

その存在は知っていましたが、
年齢順に、若い方から、

白虎隊 青龍隊 玄武隊 朱雀隊 となっていたのは知りませんでした。

てっきり、玄武が一番年長かなとおもっていたのですが。。。

ちなみに白虎隊の年齢構成は16-7歳で構成されています。
勘違いとはいえ、
飯盛山で自刃した若者たちはさぞかしむねんだったんだろうとおもいながらも
奥へ(上へ)進みます。

つきました天守閣
方角が書いてありますが、ここは全ての方角に
北(玄武)とかってかいてあってかっこいい。
むかしはこれなかったよね?

と、まんきつしたのち、
茶室の麟閣にてお茶を・・・

c0037384_12191389.jpg


うまい!
寒いから余計にうまい!!

まいうー!!
最高にうまい!
うますぎる!!

さあ、いくぞ、ラストスパート

次回最終回

日本屈指の藩校「日新館」へごおおおおおおおおおお!
[PR]

by Takaoheart | 2006-12-12 12:19 | 時勢

ならぬことはならぬものです(ツアー②)

さて、やってきた喜多方市。

雨と雪が混じる中、
ふと目に入ったのは、この雨の中傘が10本くらいあるお店。

てことは、有名店なんじゃね?
などと期待を膨らましていざ中へ突入!!

カラカラ・・・

飛び込んできた風景は・・・

【衝撃】!!

ごっつい、「功名が辻」みとるやんw

おーい!!

中に入ると誰もいない・・・

というか、ばあちゃんとじいちゃんが二人座席に座って
再放送のNHK大河ドラマ「功名が辻」をみてるじゃん

・・・
・・・

客いねーじゃんかよ!!しかも暇そうだし!!w
Nと顔がおもわず会い、ニヤリ・・・

う、うそーん!!

謀られたか!!!??

まあ、ともあれ、入ったものはしょうがない。
まあ、こういうぼろい店内も嫌いじゃないし、
余裕こいているあたりがうける!!

これは、ここで食え!というお告げなんだと
腹を決めて座る。

ワシ:「えと、お勧めなんですか?」
ばあちゃん:「やっぱりうちの喜多方ラーメンだねえ、うちのはうまいから!」
ワシ:「あ、んじゃそれで(笑)」
(ほんとかよ)
ワシ:「じゃあ、一つ大盛りで!2つ下さい」
ばあちゃん:「はいよー!」

さああて、どんなやつがでてくるのかのお・・・

待つこと15分・・・
なげーなwちょっとウケるな・・・

まあ、じたばたしてても始まらんし、
まま、そのまま、そのまま

で、出てきたのはこれ



c0037384_1283055.jpg


この赤いの何?www

まあ、いいか。
しかも、
ワシ:「えっと、一つ大盛りですよね?」
ばあちゃん:「あれ?そうだっけ?ははは」
ワシ:(はははじゃねーよ。さっきはいよー!
    とかいってたじゃんwいいなあそのいいかげんな態度)

まあ、おkおk。さあくうべw

いざ、尋常に!!

・・・
・・・
・・・

食べてみると意外とあっさりとしていて、
まあ、悪くない感じ・・・

ウマ―!!という感じではないにしろ、
まあ、まずくもない・・・
醤油ベースになにかひそかな豚の香りがする・・・
うーん・・・ここに乗ってるチャーシューのにおいかなと
と思いながらもばあちゃんにたずねる

ワシ:「この赤いの何です?」
ばあちゃん:「あー、そいつはね、豚の背アブラを煮詰めたものなの」
ワシ:「へ、へぇー、そうなんだ」

と感心しつつ、そばをすする。
平麺のあっさりとした感じのラーメン
これが喜多方ラーメンでいいんですか?www

と勝手に解釈。

「ごっつおさああん!!」

そのまま帰るのもあれでしたので、
ちと、蔵の街を見学。
とすると目に入ってきたのは、古びた館らしきももの。

店名は、「若喜商店」
どうやら、お土産屋のようである。

中は、結構古いが趣があっていい感じ。
特産品を他所にやはり気になるのは会津の お・さ・け

なにやら、カラフルな酒があることに気がつく・・・

ふとみていると後ろから声が。

店主:「それはですね、日本でも珍しいお酒なんです」
ワシ:「ほー、どのへんがです?」
店主:「それはですね、日本でもめずらしい、モーツァルトの曲を聞かせたお酒なんです」
ワシ:「へー、音楽ですか?」
店主:「そうです、その色の違う瓶によって、ピアノ協奏曲だったり、交響曲だったりするのです」
ワシ:「へー、そいつはおもしろい」

と、店主のお酒の説明が始まること10分間

m(_ _)m しばらく説明をお聞きになっておまちください・・・

で、色は綺麗だったので、
記念に一本かいました。これは何を聞かせた酒かは忘れましたwww



c0037384_1414381.jpg


とまあ、ラーメンよりもこっちの方が面白かった気が・・・
ここは元は醤油問屋らしく、今も醤油を作っているらしく、
醤油も買いました。
味見をしましたが、なかなかどうしてこれはうまい!!
たまごかけごはんの醤油にいいかも!!
などと、生活水準の低さを痛感した私なのでしたwww

さあて、腹もいっぱいになったし
いよいよ久々の鶴ヶ城ちゃん!!

快調に車を飛ばし、
着いたのは、さあ、きた!会津若松城!!


c0037384_1474587.jpg


久々ですが、
ここもなかなかいいお城だなとしみじみと思いながら
いざ、天守閣へ突撃ー!!

次回、会津は鶴ヶ城、弾丸ツアー第三弾!こうご期待!!

って、だれもみてねーかw
[PR]

by Takaoheart | 2006-12-12 01:48 | 時勢

ならぬことはならぬものです(ツアーその①)

これは会津藩藩校「日新館」にある什の掟といわれる
規約の最後にかいてあるものです

「いけないことはいけない」といっているわけです。

さて、今回は何かと言うと

弾丸ツアーイン磐梯へ行ってまいりました。

福島に高校の同級生がおりまして
東京にくるついでに遊びがてら、コッチが行ってやろうと
始まったツアー。

なにせ、私も最近背中が痛くて
温泉でもいきたないなあなどと思っていたものですから、
チャンスは使うだけ使うぜ!

といわけで、
いざしゅっぱーつ!

元々、会津は大学時代に、18切符を使ってよく行ったものですから
久々といえば久々なわけです。

さて、はじめに行動したのは
とある一言から。

N「飯、なに食う?」
ワシ「うーん、何でもいいよ、会津でなんかくうべ」
ワシ「ちょっとタイム。会津から喜多方って遠い?」
N「うーん、そうでもないよ。まさか喜多方?」
ワシ「うし!ラーメンに決定!」

実は、喜多方にいくのは初ですた。
本場のということで、チャレンジャー隊は喜多方へ

何処へ入っていいのやら。
ラーメン店はおおいが、寂れた町と言う感じが正直しました。
でも、蔵があるあたりが風情を感じます。

ワシ「ああ、あそこなんていいんじゃね?傘10本くらいおいてるじゃん」
N「いってみっか」

本場のラーメンということで気合いが入る。

カラカラ・・・

そこで見たものは!!

次回、喜多方珍道中その2!!

お楽しみに!
[PR]

by Takaoheart | 2006-12-11 13:21 | 時勢