私には帰れるところがありました

お久しぶりです。

今年もあと少しで終わり、
世間ではクリスマス一色ですね。

長らくお休みをしていた、
ブログもはじめるつもりです。

告別式も終わり、
一連のこととしては、
区切りではありましたが、
やっぱり、どっか、胸に穴が開いたまま、
なんにもできなかった、なんでもっと側にいてあげられなかったんだろう、
もっと一緒にしたいこともあったのにと、
自分のふがいなさを改めて感じております。

大事な人を失うということが、
これほどまでに辛いこととは思いもしませんでした。

漫画やドラマでそんなシーンは幾度もあったでしょうが、
自分が経験すると計り知れないものだということも分りました。

大事な人が亡くなる。
まだ、別れ話でもいいから、生きていてくれたほうがいいです。
もう、この世にすらいないと思うと、
本当に哀しいです。

ただ、そんなとき、携帯に
うちのLSリーダーからメールを頂きました。
励ましのメールでした。

彼とは一度会ってるし、私よりも若いですが、
それを読んで、凄くうれしかったです。
まっ先にメールをくれたことが何より嬉しかったです。

ガンダムじゃないけれども、
「ああ、私には帰れる場所があったな」

あそこへ行けばみんながいるんだなって思いました。

ゲームの世界とは言えども、
ながくやり続けてこれたのは、
そういう人とのつながりがあるからなんだなと改めて思いました。

FF11のとらえ方は人それぞれだと思いますし、
やり方、遊び方も人によって違うと思います。

ただ、今回の件も合わせて、
一期一会じゃないけれども、
ヴァナで出会った仲間と一緒に楽しめる、
離れてはいるし、顔も見ぬ人だっているけれども、
みんなと繋がっているってのは、
心強いなって感じます。

今週中には、インするつもりです。
その時は、前と変わらぬみんなでバカやりながら、
遊んでくださいませ。

それでは、また。
[PR]

by Takaoheart | 2007-12-25 09:51 | 時勢