ううん・・・しらないけどきっとそう

こんばんは。
今日は、なんかアップしていなかった画像があったので
それを載せるためにカキコ・・・

実はかなーり前のことでして、
いつ行ったかもおぼえていないのですが、

ここに行ってきました。

c0037384_0503958.gif


6年位前かな?
たまたまここの根岸あたりを探索しているときに、
ここの近くに豆腐専門料理の「笹の雪」っていう老舗に行ったんです。
ここは正岡子規も愛用していたらしく?

ぶっちゃけいうと・・・
「うーん、まあ豆腐だな」って感じだったんですが、
ここの近くに子規庵があるといういうことで
行ったんですよ。
ところがそのときは閉まっていてね。。。
入れなかったんです。

で、今回は日中でしたので、
記念写真をパチリと撮りつつ、
500円を払って入場。

「病牀六尺、これが我世界である」

とかっこいいセリフを載せつつ始まり・・・

c0037384_052942.gif


c0037384_0522619.gif


正岡子規は実は大食漢だったらしく、
体調が悪い晩年でもよく食べたそうです。

もともと私は、歌というのは得意じゃないので、
京都の幕末遺蹟を見たときと同じように
「うおおおお!」とかいう感動はなかったのですが、
でも、
子規が最後に床に伏せて、
糸瓜を見ながら歌った場所に寝転がりながら
見上げてみました・・・

ふむ・・・
なるほど、、、
なんとなくわかる・・・

って気もしました。

学校で習った、高浜虚子とかも同じ世代で
子規もここにいたんだなあとおもうと、
なんか、時代の流れを感じます。

ここに井戸がありましたが
なんだっけ?わすれちゃった。。。

c0037384_14371.gif


「をととひのへちまの水も取らざりき」(辞世の句)

こんな句をさらっと読める昔の人はえらいなあとお。。。

私なんかは、
こち亀のせいで、

「たわむれに 母におぶさり コブラツイスト」 が頭から離れなくて
もうあほです・・・

でも、まあ、今の子規がここにいたらびっくりするんだろうなあとおもったのです。
それはなぜって。。。
まあ、理由は最後に書きましょう。

そんなこんなで本当に小さな民家ですね。

で、帰る途中こんなものをみつけたので、
よってしまいました。。。

c0037384_162233.gif


代々木上原にある刀剣博物館はいったことあるのですが、
いわゆる、一般の刀剣展示即売会って行ったことなかったんですよね。。。

おそるおそるあしをすすめると。。。

やっぱし。。。
えらい静かだ。。。

しかも、みんなご年配ーーー!!

かなーり入りずらかったのですが、
「あ、あの(><;)見るだけでもいいすか?」

売場の人:「どうぞー^^」

よっしゃ!

とぐるぐると潜入。

FFをやってるいるせいで、
なんか、刀の名前が気になります。。。

とするとここで目に飛び込んできたのが。。。。


備前長船祐定(拵えつき) ¥2,200,000
え、【えーっと】

あるんですねえ。。。

しかもこれ、刀の柄の部分が違うのよ。
なんていうのかな・・・

うーん、そう、ちょっと昔っぽい。
ううん・・・しらないけど絶対そう・・・いや、刀自体が昔だが。。。

いわゆる私たちがいつも見ているあの縞々っぽい柄じゃないのよ。

さすがかっこいいなと。。。

なんだろ?備前長船祐定なんだろうけども、
柄の部分がFF11でいう蜘蛛切丸みたいなやつなんよ

「ちょっwwwwかっこいいじゃん」と思ってしまいました。

http://graphipedia.jp/ ← 見てみてねw

そんあこともあり、
短い時間でいたが、なんか、心洗われるひと時でした。

最後になんで、子規が今、ここにいたらびっくりするって?

だって、子規庵の目の前ってさ、、、今
こんなのあるんですよ・・・

「フリータイム 2500円」
「宿泊 5900~」みたいな。。。。

これって、やっぱり。。。

ううん・・・しらないけどきっとそう。。。

って感じなのでした。

子規のふるさとでもある、松山には暇があったら行ってみたいとは
思ってますが・・・

まあどうなることやら。。。

それでは、またああ
[PR]

by Takaoheart | 2007-07-06 01:30 | 時勢