ならぬことはならぬものです(ツアー②)

さて、やってきた喜多方市。

雨と雪が混じる中、
ふと目に入ったのは、この雨の中傘が10本くらいあるお店。

てことは、有名店なんじゃね?
などと期待を膨らましていざ中へ突入!!

カラカラ・・・

飛び込んできた風景は・・・

【衝撃】!!

ごっつい、「功名が辻」みとるやんw

おーい!!

中に入ると誰もいない・・・

というか、ばあちゃんとじいちゃんが二人座席に座って
再放送のNHK大河ドラマ「功名が辻」をみてるじゃん

・・・
・・・

客いねーじゃんかよ!!しかも暇そうだし!!w
Nと顔がおもわず会い、ニヤリ・・・

う、うそーん!!

謀られたか!!!??

まあ、ともあれ、入ったものはしょうがない。
まあ、こういうぼろい店内も嫌いじゃないし、
余裕こいているあたりがうける!!

これは、ここで食え!というお告げなんだと
腹を決めて座る。

ワシ:「えと、お勧めなんですか?」
ばあちゃん:「やっぱりうちの喜多方ラーメンだねえ、うちのはうまいから!」
ワシ:「あ、んじゃそれで(笑)」
(ほんとかよ)
ワシ:「じゃあ、一つ大盛りで!2つ下さい」
ばあちゃん:「はいよー!」

さああて、どんなやつがでてくるのかのお・・・

待つこと15分・・・
なげーなwちょっとウケるな・・・

まあ、じたばたしてても始まらんし、
まま、そのまま、そのまま

で、出てきたのはこれ



c0037384_1283055.jpg


この赤いの何?www

まあ、いいか。
しかも、
ワシ:「えっと、一つ大盛りですよね?」
ばあちゃん:「あれ?そうだっけ?ははは」
ワシ:(はははじゃねーよ。さっきはいよー!
    とかいってたじゃんwいいなあそのいいかげんな態度)

まあ、おkおk。さあくうべw

いざ、尋常に!!

・・・
・・・
・・・

食べてみると意外とあっさりとしていて、
まあ、悪くない感じ・・・

ウマ―!!という感じではないにしろ、
まあ、まずくもない・・・
醤油ベースになにかひそかな豚の香りがする・・・
うーん・・・ここに乗ってるチャーシューのにおいかなと
と思いながらもばあちゃんにたずねる

ワシ:「この赤いの何です?」
ばあちゃん:「あー、そいつはね、豚の背アブラを煮詰めたものなの」
ワシ:「へ、へぇー、そうなんだ」

と感心しつつ、そばをすする。
平麺のあっさりとした感じのラーメン
これが喜多方ラーメンでいいんですか?www

と勝手に解釈。

「ごっつおさああん!!」

そのまま帰るのもあれでしたので、
ちと、蔵の街を見学。
とすると目に入ってきたのは、古びた館らしきももの。

店名は、「若喜商店」
どうやら、お土産屋のようである。

中は、結構古いが趣があっていい感じ。
特産品を他所にやはり気になるのは会津の お・さ・け

なにやら、カラフルな酒があることに気がつく・・・

ふとみていると後ろから声が。

店主:「それはですね、日本でも珍しいお酒なんです」
ワシ:「ほー、どのへんがです?」
店主:「それはですね、日本でもめずらしい、モーツァルトの曲を聞かせたお酒なんです」
ワシ:「へー、音楽ですか?」
店主:「そうです、その色の違う瓶によって、ピアノ協奏曲だったり、交響曲だったりするのです」
ワシ:「へー、そいつはおもしろい」

と、店主のお酒の説明が始まること10分間

m(_ _)m しばらく説明をお聞きになっておまちください・・・

で、色は綺麗だったので、
記念に一本かいました。これは何を聞かせた酒かは忘れましたwww



c0037384_1414381.jpg


とまあ、ラーメンよりもこっちの方が面白かった気が・・・
ここは元は醤油問屋らしく、今も醤油を作っているらしく、
醤油も買いました。
味見をしましたが、なかなかどうしてこれはうまい!!
たまごかけごはんの醤油にいいかも!!
などと、生活水準の低さを痛感した私なのでしたwww

さあて、腹もいっぱいになったし
いよいよ久々の鶴ヶ城ちゃん!!

快調に車を飛ばし、
着いたのは、さあ、きた!会津若松城!!


c0037384_1474587.jpg


久々ですが、
ここもなかなかいいお城だなとしみじみと思いながら
いざ、天守閣へ突撃ー!!

次回、会津は鶴ヶ城、弾丸ツアー第三弾!こうご期待!!

って、だれもみてねーかw
[PR]

by Takaoheart | 2006-12-12 01:48 | 時勢