どうも

月曜日って言うのはなにかと
エンジンのかかりが遅い

アビセアに行ってもなんとなく人が
いないし、ヴァナ自体が静かな気がしますね

テストサーバーで決戦の地レギオンについて
なにやら100名程度で
いろいろやったみたいですがどうなるんですかね

深夜久々に、グラヴォイドとかしてみたんですけど
どうもスタンの調子が悪い

デシケーションに反応してしまって
ディスゴージをとめられなかったとか

定期的にやらないと
やはりいかんですな

しかしなにが言いたいかというと

ネタがない・・・


そうネタがないのですwww

あえていうならば
前から疑問に思っていたのですが
アビセアで弱点を突くとき

一般的には

敵の特殊技、魔法、一部のSPアビリティの効果中や鉄巨人の通常攻撃などの特殊行動、
スタンしている間は弱点を突けないという制約が存在する。

わけですが、2アビ中にもつけた経験が有った気がするので
用語辞典を調べてみたら
こう書いてました。

SP毎に異なる模様、マイティストライク中は弱点をつくことが出来る。
百烈拳中にも弱点をつけたという報告あり。ブラッドウェポンは要検証。

結論から言うと明確な回答がでてないのかなあ

そう、マイティ中に前ついたこと有ったよのねえ

だからこの用語辞典の解説は納得できる

いまさらというなかれ
しらないもんはしらないんだ

もう一つ
レジストしやすい敵についても解説があります。

レジストされやすい敵に対して

弱体を入れた後に上書きできない弱体を入れると、
レジスト判定の前に上書き判定が行われ、常に「効果なし」となる。
これを利用して、弱体が通りにくい敵の黄!!弱点をつくというテクニックがある。


うむ、これは詩人のスレノディでやるパターンよね。

同様の手法は同ランクで上書き不可のブラインIIと暗闇の術:弐でも可能とされていたが、
検証の結果、ブラインIIが入っている状態の敵へ暗闇の術:弐を重ね掛けして「効果なし」と出ても
弱点は突けないことが明らかになった。

また、暗闇の術:弐が敵の特殊技や魔法とかぶり弱点が突けなかった場合、
暗闇の術:弐効果中に再度暗闇の術:弐を入れて「効果なし」と出ても
弱点が突けないことも明らかになった。

これらの場合、敵が暗闇状態から回復するのを待ってから暗闇の術:弐を入れなおす必要がある。

また、モンクタイプなどガードスキルを有するモンスターにはWSをガードされる可能性があり、
この場合は正解のWSであっても弱点が突けないという報告がある。

ということで覚えておくとよいでしょう。

てことでネタがないのでネタ・・・

・・・

またです・・・
[PR]

by Takaoheart | 2012-01-31 10:41 | FF11