天災

どもども、岩手県出身のタカオハートです。

あのなまり・イントネーションを聞くと
同県人なんだなってつくづくそう思います。

小学生・中学生と夏休みの海水浴といえば、
宮古であったり、釜石であったり、
いわゆる陸中で遊んでいた私にとっては
現実におきたことなんだなと
改めて報道等をみて最悪なことになったなと思っています。

高校生の時も合宿は温かい沿岸部で
それも宮古にもしょっちゅういってましたし、
予想以上の被害に驚いています。

私なんかの代はもう縁もあまりありませんが、
本家は釜石ですし、
むかし、釜石に一度墓参りもした記憶があります。

今回の津波でまったいらになった画像をみて
津波の凄さを改めて実感しました。

海外では91カ国が支援を申し入れしているそうです
いままで、日本には、色々な面で助けてもらった。
今回は俺達が助けてやる番だ!

って言ってくれてるのが大変嬉しいですね。

アメリカのテレビでも親身になってくれてましたし、
ああいうところでのアメリカ人の気質ってのは
凄いなって思います。

海外でもトップニュースで報道がされているようです。

http://nz.news.yahoo.com/video/watch/24513411/

国家の危機にいる今、
節電もそうですが、
できることをやるしかないかなって感じですね。

今は、助けとかそういうのは、プロに任せて、
なにかできる能力があるならそれをどんどん使うべきですね。

マギー審司の実家も家が流されて被害にあったそうですが、
彼は、人々に笑顔をもたらす能力をもってます。

そういうのでもいいから、
なんとか「日本人」としてなにかできること
あればいいなって思いますが・・・

今 日本人が試されてるんだと思います。
海外のインタビューで若者が言ってました。

「僕は本当に日本が大好きなんだ 人々は優しいし、温かいし、そして精神的にもタフな人たちだ、
日本は絶対復活する。そして僕が今できることおしえてほしい」と。

世界から日本人はホントに好かれてます。

がんばろうニッポン!
[PR]

by Takaoheart | 2011-03-14 13:35 | 時勢